病院薬剤師の仕事内容は?

病院での薬剤師の仕事は、調剤・製剤。服薬説明。薬歴管理。注射薬の調剤。医薬品情報などの管理。医薬品の管理と供給。体内の薬の効果や動きなどを監視して、処方を設計するという仕事になります。何気に薬を作り、説明をするだけではないということがわかりますよね。これだけ多くの仕事をこなし、病気で困っている患者さんの回復をお手伝いするわけです。

調剤や製剤は処方箋の内容を元に、飲み合わせや副作用。また飲み方などをチェックし、その患者さん一人一人に適した形で調剤を行います。アレルギーを持っているとか、以前に同じ薬を服用して気分が悪くなったなどの体調変化が起きた場合、また体重などによる薬の調合は、それぞれに違いますから、薬剤師の大事な仕事のひとつだと言えるでしょう。また必要に応じて、その病院独自の製剤を行うこともあります。

そして当然に医療知識が豊富ではない患者さんに対して、薬を正しく使えるように、それぞれの薬の効果であったり、正しい使用方法。そして注意点などを説明することも大事な仕事です。患者さんが抱いている薬に対しての疑問などにも丁寧に対応するのも大事な仕事ですよね。ここでは薬歴管理なども行います。複数の診療科にかかっていて、それぞれの処方が適切であっても一緒に飲んでしまうと、体調に異常が起こる可能性があります。これを未然に防ぐため、患者さんが受ける薬物療法の情報を集約・管理する。これも薬剤師の大事な仕事になります。

そして注射薬の調剤です。処方せんの内容に基づいて、投与量や経路。そして投薬速度や期間などのチェックを行います。これらを元に注射薬の調剤を行います。また混合を含め、無菌室での調剤が行われることが一般的ですね。注射薬の中には混合をしてしまうと濁ったり薬の効力が落ちることもありますので、これも事前にチェックします。かなり神経を使う作業だと言えるでしょう。

薬剤師とは薬のスペシャリストということです。ですから数多くある薬の効果や副作用の情報を収集し、管理するのも日常的に行っておくべき当然の仕事ですね。薬の知識や最新情報を、医師や看護師などに的確に提供し、治療の現場を支えていくことも薬剤師の役割なのです。一言で薬剤師といっても、病院勤務の薬剤師に任される仕事量は、これだけあるということは覚えておきましょう。大変な仕事ですが、やりがいのある職業であることは言うまでもないでしょう。

病院の薬剤師の求人に強いサイトランキング!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
  • ・他の業種もさることながら病院薬剤師でも人気NO1が、リクルート運営のリクナビ薬剤師。
  • ・転職支援を長年行ってきた実績から求人数は35000件。病院薬剤師の案件も多数保有!
  • クライアントの信頼度は抜群。全国各地の病院に独自のパイプを持っているのが強み。
  • ・業界最大級の非公開求人が多いので、病院薬剤師の転職を目指すなら外せないサイト。
  • 研修制度の充実した職場や残業なしの病院など、こだわりの条件でも必ず見つかる!
  • 転職実績のあるキャリアコンサルタントが多数在籍。だから安心して任せられる。
  • ・働きながらでも転職活動ができる万全のサポート体制を完備。最短なんと3日で転職可能。
  • ・書類の添削や面接対策まで、気になる転職ノウハウも、徹底指導してくれるから安心です。

詳細はこちら

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • ・転職支援の大手である毎日コミュニケーションズが運営するマイナビ薬剤師が堂々の2位。
  • 首都圏、関西圏、東海圏の病院に強く、このエリアでの転職希望者は確実に登録すべき。
  • 業界に精通し、転職のノウハウを熟知しているキャリアコンサルタントが全力でサポート。
  • ・マイナビ薬剤師を利用して、病院薬剤師になった転職希望者の90%以上が満足の声。
  • ・良質な求人数が多く、求職者が欲しがっている情報も、徹底的にリサーチ済み。
  • ・35年間業界のトップを続けてきた実績だからこそ、安心して転職サポートを受けられる。
  • ・人数が圧倒的に少ない病院薬剤師の道も、マイナビ薬剤師なら驚くほど簡単に見つかる。
  • 病院薬剤師の転職は情報量が全て。キャリアコンサルタントが必要な情報を徹底公開。

詳細はこちら

ヤクステ

ヤクステ
  • ・転職に妥協をしないというポリシーでの転職サポートで、入職後の離職率はたったの1%。
  • 難しいとされる病院薬剤師も、独自の病院へのパイプを持っているため入職率が高い。
  • ・豊富な求人と独自のネットワークで、希望の職種はもちろんエリア別での職探しが可能!
  • 有名大学病院、年収600万円などのレアな案件も多数存在していますから、まずは登録!
  • ・薬剤師として病院から求められる人材になるノウハウを指導してもらえるのも◎。
  • ・大手の転職支援サイトにはないきめ細やかなサービスと、親切な対応で徹底サポート。
  • 転職だけでなく、薬剤師を目指す薬学生や資格取得予定者の利用にもおすすめのサイト。
  • ・就職活動の流れから、業種毎にことなるスケジュールの流れを把握しサポート!

詳細はこちら

病院薬剤師の求人・募集先の探し方

現実として、病院勤務の薬剤師になる道は、何気に狭き門になっているのが現実です。この原因は、病院数が急増しないということです。個人的なクリニックなどであっても、そこまで急激に数が増加するということがないのが現在の世の中の傾向です。そして病院勤務の薬剤師は、転職や離職をする確率が低く、年に募集をしても、妊娠出産で離職をした人員補充や、定年退職で離職をした人員の補充くらいですから、年に数人程度というところが相場のようなんです。だから圧倒的に求人を探すことが困難ですし、見つかったとしても既に決まっているとか、競争率が高く、就職出来る可能性はそこまで高くないということも挙げられるのです。

一方で調剤薬局やドラッグストアなどの求人は、どんな媒体でも見ることができるでしょう。ハローワークの求人や、一般的な求人雑誌。コンビニなどでフリーペーパーとして設置してある就職情報誌。インターネットで検索すれば、簡単に見ることもできますし、調剤薬局や、ドラッグストアーのホームページを見れば、募集広告のページが掲載されていることがほとんどでしょう。

病院勤務の薬剤師を目指すのであれば、薬剤師専門の転職支援サービスサイトを利用しましょう。リクナビ薬剤師やマイナビ薬剤師。また近年急成長しているヤクステなどが有名ですが、どれも医療系に特化した転職支援サービスを行っているサイトです。転職支援サービスサイトを利用する最大のメリットは、独自のパイプを病院に持っているということです。看護師や医師や事務員まで、多岐にわたって人材を紹介し、実績を持っているために、信頼を獲得しているからこそ、一般的には就職が難しいと言われる病院勤務の薬剤師にも、なることができるのです。

あなたが病院の求めているスキルや人間性などを兼ね備えていれば、驚く程簡単に転職を実現することができ、晴れて病院勤務の薬剤師として活躍の場が用意されることが可能なのです。専任のキャリアコンサルタントに相談し、今のままの自分のキャリアやスキルで働けるのかを、まずは相談してみましょう。


>>あまり市場に出ない「病院勤務の薬剤師」の求人を多数持っているのはここ<<

薬剤師転職サイト利用者が多い理由

薬剤師として病院内での勤務を望んでいる人間が、転職支援サービスサイトを利用している率が多い。これは薬剤師の転職事情に明るい人間ならば、誰しもが知っているような常識だと言っていいでしょう。なぜ病院への勤務を代表として、転職を希望する薬剤師が転職支援サービスサイトを利用しているのか。さまざまな理由は考えられますが、一番のメリットは、求人数の多さです。一般的に転職などの際に利用されることが多いハローワークですが、はっきりいって売れ残りの案件が多いということが挙げられます。

転職支援サービスサイトは、成果主義のシステムであり、各医療機関や企業などに、人材を紹介し、その後に一定期間就労してもらって、初めてクライアントである医療機関や企業から報酬を受け取るシステムになっています。ですから、紹介して後は知らないという紹介のスタイルは取れないですし、とにかく転職をさせれば、後は知らないという紹介の仕方は、双方ともにメリットにはならないですから、求職者の希望も当然に叶えようとしますし、人材を募集しているクライアントにも満足してもらえる人材を送ることに全力を注ぐわけです。

こういったことを繰り返した実績があるわけですから、病院などにも独自のパイプを持っているわけですね。なかなか門戸を開かない病院勤務の薬剤師であっても、実は病院側が提示している条件を満たしている人材ならば、いつでも紹介して欲しいというところは多いのです。これが各転職支援サービスサイトが持っている「非公開求人」というわけですね。この非公開求人には、とても条件が良い案件がゴロゴロと存在することを知っているからこそ、転職支援サービスサイトを利用しているのです。

自分が希望する病院勤務の薬剤師という転職を実現させたり、他の調剤薬局やドラッグストアでも、自分が希望する年収や、労働条件を獲得している薬剤師のほとんどは、転職支援サイトを利用していると言っていいでしょう。それだけ転職支援サービスサイトを使うメリットは高いです。