病院薬剤師求人トップページ > 年収1000万円以上の病院薬剤師求人

年収1000万円以上の病院薬剤師求人

日本における薬剤師の年収平均は、500万円程度となっていて、アメリカなどと比べると低めの水準となっています。もちろん、他の職業と比べれば高い年収なのですが、専門性の高い職業というカテゴリーで見ると、まだまだ低い給料水準と言えるでしょう。それで、より良い収入を求めて、高いスキルを持つ薬剤師は、高収入が期待できる企業などに転職をするのが普通になっています。企業によってかなり薬剤師の給料が異なるという現実がありますので、じっくりと求人を探せば、好条件の職場を見つけるのも難しくありません。高収入を目指しての転職をする際の大台とも言えるのが、年収1,000万円でしょう。年収1,000万円を超えることができれば、薬剤師としてかなり高い評価を受けているというしるしになります。

年収1,000万円を超える薬剤師の大半は、製薬会社や大手ドラッグチェーンなどで働いています。もちろん、平社員でこれまでの給料をもらえることはありませんので、課長以上の役職に就くことが条件となります。しっかりとした実績をあげて、管理職についているのであれば、このくらいの年収も夢ではありません。一方で、多くの薬剤師が働く病院では、なかなか1,000万円を超える年収を得ることは難しいでしょう。病院薬剤師の平均年収は500万円程度ですし、高くても750万円がマックスとなっているからです。

しかし、持っているスキルと仕事内容によっては、病院薬剤師であっても年収1,000万円がもらえるという求人を見つけることができます。たとえば、腫瘍内科などの専門性の高い治療にあたっている医療機関があります。こうした病院では、薬剤師の果たす役割が大きく、それぞれの能力いかんで治療実績が変化するからです。海外での研修を積んでいて高い実績を持つ薬剤師などは、特別な条件で採用されることもあるのです。また、救急部門で働く病院薬剤師の中でも、高い給料をもらっている人もいます。救急部門では、能力がなによりも重視され、高い給料を払ってでも、優秀な人材を招き入れたいと考える病院も多いので、年収1,000万円もあり得るでしょう。

このように、いくつかの分野において年収1,000万円を超える病院薬剤師の求人を見つけることができます。しかし、こうした求人には、かなり厳しい応募条件が課せられています。特殊なスキルを持ち、その分野での十分な実務経験を積んでいることなどです。もし、こうした高い専門的なスキルを持っているのであれば、より良い条件での仕事を求めて、転職先を探すのも良いでしょう。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!