病院薬剤師求人トップページ > ボーナスが高い病院薬剤師求人

ボーナスが高い病院薬剤師求人

薬剤師求人の雇用条件を見る際には、基本給だけではなくボーナスについての詳細もしっかりと確認するようにしましょう。というのも、病院における薬剤師のボーナス基準は、かなりそれぞれの病院によって異なりますので、基本給が安いように見えても、ボーナスがしっかりとつくので結果的に高収入となるケースもあるからです。逆に、基本給が良くても、ボーナスが不安定であまり十分な収入とならないこともあります。事前にボーナスの支給額の平均もチェックして、満足のいく収入を得られる転職を果たせるようにしましょう。

全体的に見てボーナスが高い病院薬剤師求人は、民間の病院だと経営規模が大きく、福利厚生も充実している病院ということになります。または、大学病院のような公務員扱いとなる病院も総じてボーナスが高い傾向にあります。公立で公務員という立場で勤務を行う病院の場合は、国もしくは自治体によって定められた基準によってボーナス額が決まります。大学病院だと、勤続年数や年齢によっても異なりますが、だいたい100万円を超えるボーナスが支給されていて、130万円くらいが平均額となっています。他の民間病院と比べてもボーナスの額が多いというメリットがありますので、求人を探す時の目安とすることができます。

民間でも経営規模の大きい病院は、やはりボーナスが高く充実しています。病院によって全く支給額の目安が異なりますが、100万円を超える支給を行っている病院も珍しくありません。公表されている求人情報では、ボーナスの具体額までは明示されていないケースもありますので、実際に働いているスタッフからの情報などを入手して確認すると良いでしょう。民間の場合は、それぞれの年の業績や本人の査定などによってボーナスの額が変わってきますので、若干安定性に欠けるという面があります。もちろん、その分、自分の頑張りがダイレクトにボーナス支給額に反映されるということもありますので、高いモチベーションを保つための助けともなるでしょう。

民間の病院でボーナスが高い薬剤師求人を探すコツは、福利厚生が充実している病院がどうかを見るということです。休暇制度や病院内における託児所などの施設充実度は、職員への利益還元率が高いかどうかの指針となります。こうした職員への配慮はボーナスという形においても表れることが多いので、当然高い支給額を期待することができます。こうしたポイントにも目を留めて、病院薬剤師の情報を探してみると良いでしょう。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!