病院薬剤師求人トップページ > 老人病院の薬剤師求人

老人病院の薬剤師求人

老人病院は2003年に廃止されました。それ以降は療養型の病院にその機能と役割が移りましたが、いずれにせよ薬剤師の求人は出続けていますし、仕事内容に変化も特にありません。

調剤と服薬指導が療養型病院での主な仕事になりますが、今後伸びていく業界です。老人の健康維持に薬剤療法は欠かせないので、その分野で活躍したいと思ったら、積極的に職探しを行なうといいです。

■療養型病院に転職する際は、転職支援サービスを利用する
今後療養型の病院に薬剤師として転職をしたいと思えば、民間企業が運営する転職支援サービスを利用した方がいいです。その理由はいろいろとありますが、療養型病院では施設によって薬剤師の役割が微妙に変わってくるので、入職後のミスマッチを防ぐためにも事前に病院のリサーチは丁寧に行なった方がいいのです。

■療養型病院には医療職以外にも介護職の人間が居る
療養型病院には、いろいろなスペシャリストが存在します。医師や看護師、薬剤師など医療関係者のみならず、介護系の人材も同じ施設、あるいは関連施設で働いています。

そうしたいろいろな人材が一体となり仕事に取り組むので、それぞれの施設で微妙に人材の力関係、立ち位置、仕事内容が変わってきます。スタッフの数が足りず、薬剤師まで薬剤業務以外のサポートをしなければいけない場所もありますし、逆に人員が完璧にそろっているため、薬剤師は調剤室にこもって、黙々と調剤を行なっていればいいというケースもあります。

仕事の中でどんな役割を果たしたいのか、どのような環境の中で働きたいのか、その希望を明らかにした上で、療養型病院に就職、転職する必要があります。

■情報が把握できないなら、転職支援サービスを
しかし、療養型病院の勤務状況、人員配置、伝統や人間関係などを部外者が把握しようと思ってもかなり厳しいので、事前に転職支援サービスなどに登録して、希望する療養型病院の内情を教えてもらうといいです。

民間企業が運営する転職支援サービスのスタッフは、求人掲載を希望する療養型病院に実際に足を運び、現場でしっかりと情報を取ってきてくれています。病院の現状や特徴、内情をしっかりと把握してくれているので、転職希望時にはいろいろと教えてもらえるのです。可能な限り入職後のミスマッチを防ぐ取り組みの1つなのですが、利用者の薬剤師からすればすごく便利な仕組みです。転職後に後悔をしたくないならば、転職支援サービスの協力を求めてください。

ちなみにその手のサービスは登録も利用も完全に無料です。少なくとも利用するデメリットは何も無いので、利用を検討してみてください。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!