病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師の給料

病院薬剤師の給料

病院勤務での薬剤師を目指す人間にとっても、やりがいや目的、またスキルアップができる環境が整っているとは言いながらも、年収などの給与面のことも気になるところではないでしょうか。

一般的に病院勤務の薬剤師の場合には、その病院の規模などによって、給与や勤務条件などの待遇面は、かなり大きな差が出てくると言わざるを得ませんね。しかしながら一般的には初任給で20万円から25万円というところが相場の月収になりますね。ですからボーナスなども含めた初年度の年収はというと、300万円から350万円といったところが相場と言えるのではないでしょうか。もちろんそれから実績を重ね、仕事を覚えていけば、450万円から500万円までの大台に乗せることはできると言われています。平均的な病院薬剤師の年収は、400万円から650万円と言われています。

さてこれを他の調剤薬局や、ドラッグストアと比較してみると、低いと言わざるをえませんね。調剤薬局やドラッグストアに就職した方が、収入面では上ということが言えるのです。ただし、病院勤務の薬剤師でも国立病院に勤務する公務員薬剤師の場合であれば、民間の病院薬剤師と比較しても、少しだけ年収が高くなる傾向があると言えるでしょう。しかしそれでも調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師よりは、収入は下回ることが多いようです。

また病院薬剤師は入社後の給与の伸び幅も少ないという特徴が見られます。30代〜40代でも年収500万程度という薬剤師は珍しくはないんですね。ただ薬局長になれば、年収700万程度得ることはできますが、それでも調剤薬局の管理薬剤師やドラッグストアの店長と同等程度の給与ですから、年収面だけを考えれば、現実は厳しいと言わざるを得ないでしょう。調剤薬局や、ドラッグストアの場合であれば、入社後3年もすれば、500万円の年収に達すると言われていますからね。

こういったことからも、病院勤務の薬剤師を続けている人間は、年収という部分ではなく、病院という医療専門職のプロフェッショナルが集まる医療の最前線で自身の専門性を発揮することができるというやりがいを活力に仕事をしていることが多く、その人気につながっているようですね。薬剤師としての志などよりも、仕事のやりがいや社会貢献などよりも、とにかく自分の生活や家族を守ることが大事という考えの人間であれば、正直にいって病院勤務の薬剤師の道はおすすめできない案件になりますね。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!