病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師の面接対策

病院薬剤師の面接対策

就職や転職活動で避けて通ることができないのが面接でしょう。病院薬剤師だけではなく、一般的な職業においても、面接は当然としてあるものですよね。そして採用の合否はというものの80〜90パーセントがこの面接で決まるとされているのですよ。病院薬剤師としての採用を勝ち取るには、面接の場でどれだけ自分の人間性やスキルというものを相手に知ってもらうことができるかが一番重要なポイントになります。

面接で緊張してしまうのは仕方がないことではあります。しかし十分な準備とイメージトレーニングをきっちりと積んでおくことさえしていれば、本番の面接で上手く自分を表現することができるでしょう。そのためにしっかりと面接対策をして本番に臨むということが大事になってくるのです。

面接官は、自分と一緒に働くことになるかもしれない応募者に対して、なぜ自分がいる病院を志望したのかという理由であったり、自分のいる病院のどんなところに興味や魅力を感じて、応募に至ったのかを質問してくるでしょう。また時には抽象的な質問を投げたりして、その応募者の理解力の高さであったり、自己表現の方法などから、応募者の人間性であったり、性格であったり、自分の病院における仕事の適正などを判断していくでしょう。

面接において緊張などを極度にし、いつもの自分や本当の自分がアピールできなかったと後悔する人間の多くは、はっきりいって準備が足りていないということになります。入念な準備を行い、リハーサルをしっかりとこなしていれば、ただ知らない面接官が、同じ質問をしてくるだけですから、問題なく対応をすることはできるでしょう。

ですから面接にパスするコツとしては、その病院のことを徹底的にリサーチしておくということが前提です。その上でもうひとつ。自分自身のことをしっかりと自己分析しておくことが大事なんです。長所はもちろんのこと、短所もしっかりとリサーチしておきましょう。そしてその職場においては、短所が長所と捉えられることもあるでしょうから、リサーチした結果を踏まえて、長所を作り上げることが大事になってきます。志望動機はもちろんのことではありますが、自分の性格の中での長所と短所などは一度きちんと情報整理し、紙などに書き起こすなどして、記憶をしておくのが重要です。面接で聞かれたら言いたいことであるとか、是非PRしたいことも同様に紙などに書き起こして、まとめておきましょう。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!