病院薬剤師求人トップページ > 精神科病院の薬剤師求人

精神科病院の薬剤師求人

精神科の治療において、薬剤師の果たす役割は他科よりもある意味で大きいと言えるかもしれません。精神科は薬物療法が治療の中心になるので、薬剤師の果たす役割は他科の場合よりも大きくなるのです。

そのやりがいを求めて、精神科を求める薬剤師も数多く居ますが、実際に精神科病院を探そうと思ったら、どのような方法がいいのでしょうか? 今回は、精神科病院に転職を希望する方のために、効率的な転職方法を考えたいと思います。

■転職支援サービスを利用する
結論から先に言いますが、精神科病院に転職する場合、転職支援サービスを利用した方がいいと思います。その理由は簡単で、日本には精神科病院が多過ぎるからです。実際、全国の精神科病院は1,082施設ほどあります。『なぜ日本は、精神科病院の数が世界一なのか』という書籍まで出版されるほどです。

自力でたくさんある選択肢の中から求人を探そうとなると、困難を極めます。民間の転職支援サービスを利用した方が、スムースな職探しが行なえるのです。

■利用も登録も完全に無料
今まで転職支援サービスを利用した経験のない人はご存じないと思いますが、転職支援サービスは登録も利用も完全に無料です。薬剤師を病院に紹介し、その紹介手数料を病院の側からサービス会社は受け取っているので、薬剤師の皆さんは登録も利用も完全に無料なのです。

登録をすると初回に簡単な面談が持たれます。希望の職種や年収、勤務形態などの調査が行なわれ、その希望に沿った形で精神科病院がいくつか提示されます。履歴書の作成補助、面談の練習、面談日の設定なども全部スタッフが担当してくれるので、皆さんは本番を迎えるだけで構いません。

■大まかに精神科病院を知りたい場合は
上述のような転職支援サービスに登録する前に、全国には、あるいはご自宅に近くにはどのような精神科病院があるのかを知りたければ、日本精神科病院協会の公式ホームページから、病院検索機能を使って調べてみてください。

例えば医療機関が全国でトップクラスに多い北海道を調べると、78件の精神科病院があると分かります。病院名、住所、連絡先、管理者なども一覧で観覧できるようになっています。その中から気になる病院をピックアップして、ご自分で病院に連絡をする方法もあります。やり方は自由なので、いろいろな方法で最高に輝ける精神科病院を探してください。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!