病院薬剤師求人トップページ > 激務でない・残業が少ない病院薬剤師求人

激務でない・残業が少ない病院薬剤師求人

薬剤師としてのスキルを十分に発揮できる、患者さんのためになれて大きなやりがいを感じられるなどの理由で、病院薬剤師の求人には安定した人気があります。一方で、病棟勤務の薬剤師などは、夜勤や残業が入ることも多く、就業時間が不規則になりがちです。また、少ないスタッフでシフトを回し、たくさんの患者さんを担当することになりますので、一日中走り回るような激務とも言えるような業務の量をこなさなければならないこともあります。もちろん、こうした忙しい仕事から達成感を味わうこともできますが、精神的にも体力的にも疲れが出てしまうのは否めません。また、家族を持っている人であれば、家庭との両立が難しくなりますし、プライベートの時間を持つことも難しくなってしまいます。

そこで、激務でない・残業が少ないという条件で病院薬剤師の求人を探す人が増えてきています。最近では、医療チームの中に薬剤師が入って、積極的に患者さんの治療に関わることが多くなっているので、薬剤師の業務が多様化しているとともに、業務量が多くなってきています。しかし、同時に優秀な薬剤師のニーズがこれまで以上に増していますので、病院としてもより良い職場環境を作って、優秀なスタッフをしっかりと確保したいとも考えています。こうしたことから、病院薬剤師求人でも、残業が少ないといった条件での募集を行うところが増えてきています。

こうした求人では、実際に働いているスタッフの残業時間の平均を提示するなどして、客観的に残業が少ないことを明示しています。もし、こうした具体的なデータが出ていないのであれば、求人情報を確認するときに、詳細をチェックしてみると良いでしょう。残業が少ないと一口に言っても、その程度は幅が広いので、実際の残業時間がどのくらいのものであるかを確認した方が良いでしょう。

また、激務でないという条件も同じで、どのくらいの業務を一人の薬剤師が追うことになるかを知る必要があります。どの病院も、薬剤師配置基準を守っていますが、最低限の基準順守しかしていないのであれば、当然一人当たりの業務量は多くなります。それで、病院のベッド数や一日当たりの患者さん数を確認すると共に、薬剤師が何人働いているかを調べて、どのくらいの余裕あるシフトを組んでいるかを確認しましょう。求人情報に激務でない・残業が少ないという記載があるから大丈夫と思わず、こうした具体的な調査をすることも肝心なのです。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!