病院薬剤師求人トップページ > 給料が上がる病院薬剤師求人

給料が上がる病院薬剤師求人

患者さんと近い距離で薬剤師としてのキャリアを生かせる職場として人気なのが、病院薬剤師として働くというものです。薬剤師としてのスキルを直接患者さんの健康のために用いることができますし、医師や看護師を始めるとする医療の最前線で働くスタッフとチームになって業務ができますので、レベルの高い経験を積んでいけるのも魅力です。時にはハードな仕事事情となることもありますが、将来のためのスキルとして考えると、大きなメリットを得ることができるでしょう。

病院薬剤師の平均的な年収は500万円ほどとなっています。この給料水準は薬剤師としては一般的なものでと言えるでしょう。ただ、大手のドラッグストアや製薬会社の場合は、役職に就いたり高い実績を挙げたりすると、800万円以上の給料を得られるようになることを考えると、病院薬剤師の収入は少し低めだとも言えます。しかし、病院薬剤師でも、給料が上がる要素が多く、スキルを増していくことによって、より高い収入を期待できるようになります。

給料が上がる病院薬剤師の条件としては、専門的な知識やスキルを身に着けるということです。一般的な病院薬剤師は、特に診療科に関わりなく調剤や投薬コントロールを行いますが、特定の分野におけるスキルを高めることで、より条件の良い部署に就いたり、転職をしたりすることができるようになります。給料が上がる病院薬剤師の求人のタイプはいくつかありますが、やはり救急部門や腫瘍内科など、特殊性の高い部署における仕事が当てはまります。最初のうちは、他の部門と変わらない給料水準となっていますが、専門的な知識とスキルを増し加えるうちに、それに見合った評価を受けるようになっていくでしょう。

他に給料が上がる病院薬剤師としては、大学病院や公立の病院を挙げることができます。もちろん、民間の病院でも勤続年数に応じた昇給がありますが、大学病院のような公務員となると、その昇給の割合も安定していますし、確実に毎年の昇給を望むことができます。民間病院よりも確実性が高いので、長く勤務を続けることで、より高い収入を安定して稼げるようになるというメリットがあります。基本給だけでなくボーナスの額も年々上がっていきますので、トータルで考えると良い条件で働くことができるでしょう。公務員という立場は、最初のうちはそれほど高い収入とはなりませんが、長期的に見ると安定した収入を得られる職となるのです。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!