病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師の転職成功の秘訣

病院薬剤師の転職成功の秘訣

調剤薬局やドラッグストアなどの薬剤師として活躍はしていたものの、年収は下がっても、病院薬剤師として活躍したいと転職を希望されている薬剤師の方は多いと思います。狭き門と言われている病院薬剤師に転職をするためには、どういったアクションを起こしていけばいいのか。

薬剤師として活躍しているのであれば、ご存知のとおり、病院勤務の薬剤師は年収や勤務条件などにこだわっている場合には、なかなかやっていける職業ではありません。はっきりいって社会貢献などの薬剤師としての志の高さや、患者さんを治したいという高い目的意識を持っていなければ、そこにやりがいというものを感じていなければ、病院勤務での薬剤師は長く続けることはできません。実際の医療現場の最前線にたち、医療の発展のために尽力しているという自負は、かなり高い満足感を得られることだと言えるでしょう。

病院勤務の薬剤師の中で、離職をしたり、転職をする人間の多くは、女性の場合が多く、それは結婚などを機にライフスタイルの変化を余儀なくされてしまったケースがほとんどであるといえます。そもそもが離職率が低い薬剤師の業界において、病院薬剤師の離職率は、極めて低いということが分かっています。ですから、募集をする必要がないと言われ、実際に一般の求人で見かけることはまずありません。

こういった病院での薬剤師として転職を成功させるには、コツがあります。それは専門性を身につけること。近年の医療は、チーム医療がスタンダード化してきています。そしてそれぞれの病気や、診療科目に特化した細分化が進んでいる時代です。たとえばガンならばガン専門の医療知識と、薬剤の知識を多く有している。つまりは、薬剤師としての広い知識やスキルを有しているのは前提とした上で、ある特定の分野での専門的な知識やスキルを持っている人間が、病院側から求められている人材なのです。

特にある特定の診療科を看板にしているような病院であれば、こういったプロフェッショナルな知識やスキルを持っている薬剤師は、喉から手が出るほどに欲しい人材でしょう。その人間が持っているその人間だけのスキルや個性の数だけ、薬剤師としてあなたを求める病院が増えてくるということが言えるのですよ。ですから、病院薬剤師として、転職を希望するのであれば、特定の分野の知識やスキルを身に付け、それから転職活動をした方が、成功率が上がると言えるのですよ。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!