病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師の志望動機

病院薬剤師の志望動機

病院薬剤師を志望する多くの薬剤師は、患者さんと直接コンタクトを取り、病気に向き合うことに興味を抱いていたり、やりがいというものを見出していて、病院勤務を目指す動機となっていることが多いようです。年収であったり、勤務時間などの利便さを希望しているのであれば、病院薬剤師の志望動機にはなりえませんから注意をしましょう。

またチーム医療など臨床の最前線で活躍することができるがひとつのメリットでもあるでしょう。そして医師や看護師など他の医療従事者と一緒に働くことができる環境にあること。薬剤師としての専門性を深めることができるスキルアップに適した場となることなども志望する動機のようです。

以前までの薬剤師といえば、ただひたすら薬を製造するマシーンのように思われていたイメージがありました。しかしそれは昔の話であり、現在の病院薬剤師は医薬分業が進んでいます。ですから外来の患者さんの薬を、病院内で調剤をするという作業は、ほとんど行われていないわけですね。病院という場所は、医療行為に専念をし、薬に関する専門的な作業は調剤薬局が担当するということで、医療現場の質の向上と、安全かつ効率的な医療の提供を実現できるようになりました。

医療と薬業が分かれた分だけ、病院で勤務する薬剤師の役割は、病院に入院する患者さんに向けられるようになったわけです。活躍の場は病院薬局内から臨床へとシフトされたことを意味しているということです。

たとえば、薬の副作用や注意の説明。患者さんが知らない薬への疑問質問に応えるお薬相談なんてものが主な仕事になっているということ。カルテや検査値を理論的に理解し患者さんの健康状態把握すること。薬を飲めない患者さんに対する薬の飲み方を工夫して考え、それを提案する服薬援助・支援サポートも大事な仕事のひとつです。そして経口摂取できない患者さんに対する栄養食や薬剤の調整。外来の患者さんでも、抗ガン剤治療を行なう患者さんへのフォローなどが主な仕事の内容となり、病院勤務の薬剤師は、患者さんに直接接する機会が増えてきたということが挙げられます。その分だけ心のケアをするための、精神医療や、コミュニケーション能力の必要性も高まっています。

こういった現在の病院薬剤師の仕事の変化を把握していなければ、志望動機であべこべなことを訴えてしまい、面談を受ける以前に、履歴書を見た段階でわかってないなと思われ、落とされてしまうことになりかねないのです。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!