病院薬剤師求人トップページ > 初任給が高い病院薬剤師求人

初任給が高い病院薬剤師求人

病院薬剤師の給料は、薬剤師全体の給料水準で見ると、ほぼ中間という位置にあります。病院薬剤師の年収の平均は500万円と、薬剤師全体の平均年収と同じになります。初任給に関しては、病院ごとに異なる基準がありますので、一概に言うことはできませんが、若干低めの数字となっています。民間の病院であれば、20万円から25万円ほどとなっています。大学病院を始めとする公立の病院はさらに低く、18万円程度が一般的です。このように、病院薬剤師の場合は、初任給が少し低めの水準となっているという傾向が見られます。

しかし、病院によっては初任給が高いところもありますので、始めからある程度の給料が欲しいと考える人は、この条件に絞って病院を探すのも良いでしょう。初任給が高い病院は、多くの場合都市部の大きめの総合病院に見られます。高いところでは、30万円近い月給を提示しているところもありますので、かなり条件が良いと言えるでしょう。病院薬剤師の場合で考えるとこの30万円近い初任給は高めの数字ですので、要注目です。他に30万円前後の初任給を提示しているところと言えば、全国展開している大手企業のドラッグ部門などとなりますので、全体的に見ても高めの水準となります。

このように、じっくりと病院薬剤師の求人情報を見ていけば、初任給がかなり高めの設定となっているところを見つけることができるでしょう。しかし、年収の多少は初任給だけで決まるわけではありませんので、他の要素にも注意を払う必要があります。一つは、各種手当がどのくらい充実しているかということです。病院薬剤師は、多くの場合夜勤や休日出勤が多くなる傾向にあります。そのため、夜勤手当の額が充実している場合、基本給がさほど高くないとしても、トータルでもらえる手取りはずっと高くなることもあるのです。

また、初任給が高いだけでなく、昇給やボーナスの支給額にも目を向ける必要があるでしょう。何年間も続けて働けば当然、毎年のように給料が上がっていくわけですが、昇給の割合が高い病院であれば、長期的な収入は高くなります。一方で、初任給が高くても昇給が低いところやボーナスがあまり支給されないところでは、短期的には良いかもしれませんが、長期的に見るとあまり稼げないという事態も生じえます。長い目で見て、トータルでしっかりとした収入を得られるところなのかを確認することを怠らないようにしましょう。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!