病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師の役割

病院薬剤師の役割

薬剤師の資格を活かして活躍している人間の19パーセントの方は、病院勤務の薬剤師としてさまざまな病院や診療所に勤務をしています。病院勤務の薬剤師の役割とはいったいどういったものなのでしょうか。

病院薬剤師とは、その名の通りに病院であったり、個人の診療所などに勤務している薬剤師のことを指します。調剤薬局と同様に、女性が職場として選ぶ傾向が非常に多いということが挙げられます。病院で働く医師であったり看護師などと連携を取りながら一つの医療チームとして医療現場で患者さんに接していく大事な仕事だと言えるでしょう。薬剤師は、その専門性や知識の高さから、幅広い分野において薬剤師の果たす役割が求められます。ですから働く先も病院や調剤薬局にとどまらず、OTC、製薬会社。化学品や薬品の研究所などでも需要が高いと言われています。また化粧品や食品を製造販売するメーカー、SMOなどの治験機関。さらには公務員として厚生労働省や行政に働く薬剤師などその専門性が求められているのです。

病院勤務の薬剤師の仕事内容は非常に多岐に渡りますが、主に以下のようなものが挙げられます。まずは調剤です。医師が出した処方箋に基づいて、飲み合わせを考え、副作用のないように調剤する。また分量や飲み方をチェックし、調剤を行っていきます。必要に応じその病院独自の製剤をするのも病院薬剤師の大事の仕事ですね。この仕事が病院薬剤師の基本になっている業務だといえるでしょう。他にも飲み方であったり、薬の服用の際の注意点の説明。また薬の効果の説明などを行い、使用方法を守ってもらうことを促すということも、大事な仕事になっています。

他にも薬物療法に関する医師へのアドバイス。医師へのサポート業務なども病院勤務の薬剤師の大切な役割になりますが、やはり病院で働く薬剤師の最大の役割は、服薬を通して患者さんと向き合い、抱えている病気を一緒に治していくと点にあるといえるでしょうね。病院で働く薬剤師は、薬のスペシャリストとして患者さんの側に寄り沿うことが必然的に多くなることでしょう。ですから、薬の副作用や注意の説明や薬への疑問質問に応えるお薬相談業務などは、今やどこの病院で働く薬剤師も行っている業務ですし、カルテに目を通し検査値を理論的に理解して、患者さんの健康状態を把握するという仕事も大切な役割のひとつになりますね。

病院薬剤師は、外来する患者さんや入院している患者さんをはじめ、医師であったり、看護師、そして臨床検査技師や栄養士などとの関わり合いが求められる多く、その中で薬の専門家としての役割を果たして行くことが求められているために、高いコミュニケーション能力も必要になってきます。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!