病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師を辞めたいなら

病院薬剤師を辞めたいなら

高い志を持ち、病院勤務の薬剤師として仕事を始めても、職場の人間関係なんてものがうまくいかず、病院薬剤師を辞めるという決断をする人間は大勢にいらっしゃいますね。薬剤師という職業に限らず、人間関係が原因で、やりたいと思っていた仕事から離職する人間は多いものではないでしょうか。

何気に医療現場というものは、体育会系よろしく完全なる縦社会になっているので、そういった意味では他の職業に比べても、人間関係が難しい職場のひとつであると言えるのではないでしょうか。どうしても自分に合わないという場合には、職場に存在しているというだけで、高いストレスを抱え込み、仕事への集中力を欠いてしまうことにもつながることでしょう。精神的に健康な状態を維持することができない場合には、それが肉体面にも影響を及ぼし、体調不良の原因にもなってしまうことでしょう。

薬剤師という職業は、幸いなことに需要が高い職業ですから、簡単に転職先を見つけることは可能でしょう。しかしながら以前に勤めていた病院の辞め方というものが、あまりに悪い場合には、次の転職先でも、印象というものが悪くなり、最悪の場合には、採用を見送られる場合もありますし、同じように人間関係に影響を与えてしまう可能性も高くなるのですよ。

もしも人間関係が悪く、それが原因で離職をしたいという時でもあっても、組織そのものであったり、その職場の人間に対しての不満というものをぶちまけて、それを理由に辞職を申し出るということは、絶対にしてはなりません。あくまで個人的な理由であるということを、転職を目指す際には、一貫して貫くようにした方が、後の転職の際に、余計な悪影響を与えずに済むことになるでしょう。

また病院勤務の薬剤師の場合には、上司などはあの手この手を使い、得には策を弄してまで、引き止め工作を行ってくることでしょう。理由はマンパワー不足も当然のことながら、離職率が低い薬剤師という業界において、辞職を申し出られたということは、はっきりいって上司の管理責任が問われることにもなるからです。しかし一旦辞職を申し出た以上、撤回をすることは決してしてはなりません。そしてこういった策にまんまと乗らないように注意することが大事になってきますよ。

コツとしてはどうしてもやめなければならないと思われるような理由を、嘘でもいいから作っておくべきですね。そうすれば実際にやめる場合もスムーズに済みますし、その上で次の転職活動に悪影響を与えることもなくなるのです。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!