病院薬剤師求人トップページ > 病院薬剤師のやりがい

病院薬剤師のやりがい

どんな仕事でも、それぞれにやりがいというものを持っているものではないでしょうか。自分の仕事が誰かの喜びにつながるものであったり、大きな感謝というものを示された時であったり、社会や組織なんてものに大きく貢献できたと実感が出来た場合になどは、一生懸命に頑張ってきてよかったいう思いが心の中を満たすことになるでしょう。これがやりがいというものにつながっていきますよね。

どんな仕事でもメリットと思えることや、デメリットに感じることがあったり、苦しいことや辛いことなどはつきものですよね。しかしこのやりがいというものがあるからこそ、仕事を続けていけると言えるのではないでしょうか。特に病院薬剤師の場合は、このやりがいを感じていないと、継続していくことは難しいと言われています。給与の面であったり、時間の自由度、有給の消化や休日の消化率などを比較すれば、断然に調剤薬局や、ドラッグストアに勤務する薬剤師の方が上であり、高待遇を受けているという現実があるからです。

病院薬剤師の仕事は、患者さんの病気や症状に合わせて薬を作るという調剤や薬品を使いやすい仕様に調整する製剤業務を行うこと。また薬の効果や飲み方を患者さんに説明する服薬指導業務。医薬品の管理や品質試験、院内感染対策、医薬品の事故防止や薬物療法に関する医師へのアドバイスなどが主要な仕事です。しかし医薬分業が進んだことから、より患者さんと接しコミュニケーションをとっていく機会が増え、仕事量的には負担が大きくなっているというのが現実としてあるのです。にもかからわず、給与面などの待遇面での変化は見られないために、デメリットを感じている方も多いと言えるのではないでしょうか。

しかしながら、入院している患者さんへの服薬指導。また外来で抗ガン剤治療などを行なっている患者さんへの精神的なフォローなどは、薬剤師のとても大事な仕事だと言えるでしょう。治療に直接関わっていく中で、患者さんの健康状態の進展であったり、病状の回復していく経過。また入院している患者さんが、体調を回復され、退院していく様は、病院薬剤師の大きなやりがいになるといえるでしょう。

近年の薬剤師は、医師や看護師など他の医療従事者と協働していく機会が非常に増えています。患者さんの苦痛を和らげるペインコントロールチームであったり、口から栄養摂取できない患者さんの治療を支援する栄養サポートチームなど、「チーム医療」の一員として大切な役割を担っていくというのも病院薬剤師の大きなやりがいにつながるのではないでしょうか。

>> TOPページで病院の薬剤師の求人に強い転職サイトランキングをチェック!